CG解析11回

2018.6.26 藤木 文彦     


  MPEGの特徴と応用分野
 
  MPEG2の特徴 


 MPEG2は、高画質のビデオ、放送用の圧縮方式であり、現行テレビ品質から、HDTV方式にまで対応できる高画質を誇っている。
 実際には、通信回線(電波の帯域)などによって、圧縮率を変えられる。
 地上波テレビの放送は、1チャンネルあたり、6MHzの帯域を取っているので、この帯域以内に収まるようなディジタル化方式をとることで、アナログとディジタルの自然な以降ができるように考えられている。
 実際の通信レートは、 1.5MBps〜6MBps の範囲が使われる。

 なお、DVD等のために圧縮する場合は、通常のテレビ番組や、映画は、激しい動きのある部分と、ほとんど動きの無い部分とがあることが普通であるので、最初から最後まで、同じ圧縮率で圧縮するのではなく、一度、全部を調べて、動きの無い部分は高圧縮率、動きの激しい部分は、低圧縮率で圧縮する方法をとることが多い。(変動ビットレート。リアルタイムライブでは、できないので、固定ビットレート)


 実際の応用分野としては、以下のような分野がある。
 
 DVDビデオ

 衛星CS放送
 ディジタルBS放送
 地上波ディジタル放送

■MPEG4の特徴
 

 通信速度の多様性

 MPEG4 は、様々な通信速度に対応した圧縮法が選べる。
 下は、56KBps(ISDN電話程度) から、上は、
 1.5MBps(衛星放送や、ADSL)
まで、様々な通信レートが選べるので、通信方式によって、異なる相手(受信者)向けの映像を複数用意することで、多様なユーザ向けのサービスができる。

 また、MPEG4の特徴としては、
  ホームページ、添付資料などを同期をとって表示する機能。
  オブジェクト符号化による圧縮。
 などの機能がある。
  前記は、授業のビデオなどで、参考資料を提示する機能などとして有効。
  後記は、画面内に映っている移動物体を、人間1,人間2、車、犬、等のように、
   分割して、オブジェクトとして信号化する方式であり、圧縮に有効である。

 実際の応用分野としては、以下のような分野がある。

  テレビ電話、電子会議
ビデオ監視
携帯情報端末
ゲーム、カラオケ
電子図書館
放送
テレビ、インターネット
教育



  各種の画像形式を調べる


 アプリケーションの ZIMP2 を起動
 私の保存した画像データの 「プロパティ」を見る。(右クリック)

 各種の画像圧縮形式とその特徴を調べる

 それぞれの形式は、どのような方法か技術的説明も
 どのような画像に適しているか
 利点、欠点

BMP,GIF, PNG JPEG
EPS,PSD
PDF
ほかにも

,
調べる言葉:
 インターレース、CMYK,インデックスカラー
  コーデック、エンコード、でこーど

cns-guide,sfc,keio.ac.jp/2002/10/1/1.html


動画ファイル

AVI, MotionJPEG
MPEG2,MP4,H.264,H.265,
FLASH,XVID
VP9

AV1 https://it.srad.jp/story/18/04/13/0432250/ へのリンク



音声ファイル

MP3 と MP4 の違い。