東京工芸大学 工学部  電子機械学科
2017年度 前期 火曜 4限


CG解析

藤木 文彦

 http://fujiki.tv/t-kougei/CG-kaiseki/index.html

fu

全体目次ページへ 2017.4月−9月 
藤木 文彦


レポート提出先 fujiki.kougei@gmail.com 


まず、第1回目(2017年4月11日)は、ここを開いて下さい。
1.教室の機器、ソフト、授業の方法、CG検定

第2回目はこちら
2.UFO映像のトリック。存在しない色が見える

第3回目はこちら
3.電磁波と色、CCDカメラの仕組み


第4回目(5月2日)
4. 今日の教材の場所は教室で指示します。


第5回目(5月9日)
5.映像機器の仕組み。色の違って見えるスカート

第6回

第7回目(5月23日)
.映像・画像ファイルの形式、各種圧縮法

第14回(7月11日)

14.文字認識

最終課題

次の課題をレポートとして、ワープロ(なんでもよいが、画像を貼れるもの)で作成し、メールに添付して、7月31日(深夜23時59分)までに、メールで fujiki.kougei@gmail.com まで提出せよ。

 タイトル「 CG解析 最終課題 」

 (本文最初に 番号、氏名を明記すること)

メールを受け取ったら、翌日(最終8月1日の夜(23時59分))までに、受け取った旨を返信するので、返信が来ていない時は、メールの出し方に問題が無かったか確認し大至急、メールで連絡すること。( 予備アドレス。ffujiki@gmail.com )

 課題は、全部で4-5ページ分相当とし(増える分には構わない)必要な図面を張り付けるなどしてわかりやすく説明すること。

 引用部分は明確にし、参考にしたページ、特に図面を引用したページの アドレスを掲げること。

 課題

(1) GPUとは何をするものか説明せよ。どのような構造をしているか。具体的にどのような種類の物(型番や回路など)があるか

(2) 最近の人工知能においてはGPUを用いたものが多い。それは何故か。

(3) 最近の人工知能が、今まで(10年以上前)のものと異なっているのは、どのような点か。なぜ、今まで不可能だったことが今可能となったのか。

    人工知能に 「犬」の画像はどのようなものかを自分で学習させるために、どのようなことをしているか、という具体例を用いて、以下の用語を含んだ文書で説明しなさい。

       ディープラーニング、 ビッグデータ、ニューロン、GPU

(4)今後の人工知能はどうなると思うか、どうなってほしいと思うか、考えるところを書きなさい。